Candle Care

灯し方
How to use

火の着け方

芯の根元に火を近づけて、ロウを少し溶かしてつけると上手く着火します。またキャンドルに火をつける際は、チャッカマンを使用することをお勧めしています。

フダムール:火の着け方

トンネル現象

短時間の燃焼を繰り返すと、周りを残して真ん中だけ溶けていく「トンネル現象」を起こすことがあります。グラスキャンドルなどを使用する際は、表面のワックスがある程度、グラスの縁に広がるくらいまで燃焼してください。気になる場合は、ヘラや割り箸などで周りのワックスを削りならしていくと、まんべんなくご使用いただけます。

フダムール:グラスキャンドルの灯し方のコツ

ホルダー・プレートを使いましょう

燃焼中のキャンドルホルダーはとても高温になりますので、家具や机の上に直接置かなようにしてください。ピラーキャンドルタイプはロウが溢れ出る場合があります。不燃性の受け皿やキャンドルホルダーをご使用ください。

フダムール:グラスキャンドルの灯し方のコツ

火の消し方

息を吹きかけて火を消す事はおすすめしておりません。思い切り強く吹き消したり、水をかけて消火することは絶対にしないでください。ロウが飛び散り大変危険です。 火を消す為の専用道具(スナッファー)などもございますが、お手元にない場合は、ピンセットのようなもので芯をつまみ、溶けているロウに浸すように消してみてください。写真はスナッファーを使用しています。

また火を消した後に芯を倒したままでいますと、 ロウの中に芯が埋まってしまい、次に使用できなくなる事もありますので、必ず芯をまっすぐ起こしてください。

フダムール:グラスキャンドルの灯し方のコツ